AREA51~DairyTalk Ver5.25~
未確認情報を捕捉せよ! 『メーデーメーデー!こちらミヤコ州AREA51』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センティング~!のハナシ。
ココ1ヶ月ほど走りこんだRC8のハナシでも・・・。

まぁ、ハチイチ歴がほとんど無いので正論ではない可能性が高いのでさらっと読んでくださいw。

まず、第一印象はよく曲がるクルマって感じ。

標準セットでもそこそこ走りますが、やっぱアメリカの整地されたコース向けの印象が強くて結構固めな感じなのかな~と思います。もちろん日本にも綺麗でフラットなコースはあるでしょうが、一般的にはギャップが結構あってフカフカ系の砂が浮いたコースが多いとおもいますのでちょっと辛いかな?

そのような状況ではやはりリアトラクションがヨコもタテも足りない雰囲気・・。

なのでサスブラケットを作ってリアトーを4度に設定しました。

これは大いに有効で、懸念されたハンドリングへの悪影響もほとんどない!リア4度でもよく曲がる性格はスポイルされてない気がします。

あとは、WING1はかなり高速系のコースでもあるのでちょっとしたギャップでも結構命取りになるのでスキッドをフロントで1度リアで2度標準より付けています。それでストレートも思う存分握れる感じになりました。アッパーアームはフロントで2mmアップとして若干マイルド方向にセットキャスターも18度で同じくマイルド方向へ・・・。

で、ショックはピストンを1.4の2穴に1.1を二つ開けて4穴にして40番が入ってます。これは35番でも良いかなと思ってますが、まだ試せてません。キャップはFが標準でRがプラキャップに1mmの穴を開けたドリルドショックキャップが付いてます。フロントもそうしたいのですが耐久性の問題でフロントは標準に戻しました。ダンパーマウントもアルミ製なのですが、曲がるのでフロントのみスチール(インファーノ用がほぼボルトオン)製に変えてます。

あとタンクがスナップピン止めなのですがココが折れます。WING1で走ってる2台とも同じところが逝きました。インファーノのタンクマウントにしてネジ止めで使ってます。

変えてるトコロは後はサスブラケットRRとアッカーマンプレートがトリニティー製です。

車高は29mm~30mm程度です。スプリングは標準のシルバーです。フロントに2mm、リアに4mmインナースペーサーが入ってます。サスアームのダウンストップのネジは使ってません。

トルクロッドはフロントが樹脂でリアはアルミです。結構グニャグニャ(笑)。

アルミ製もいいのですが結局リアはギアBOXに止めるのでそっちに負担がかかりそうです。


次なるターゲットは青森県のT-ONEサーキットですので、さらに妄想を膨らましてセットをちょっと変えて行こうと思ってます。ボクの感じではスキットとキャスターは少し減らしてOILもやわらかい方向で飛距離を稼ぎつつクルマ本来の曲がる性格を生かして走りたいなと・・・思っとります。

あとはやっぱクラッチだな~。これがまだまだ満足行くフィールには程遠いっす・・・。

コノ前の決勝でのトラブルはクラッチベルのベアリングがぶっ飛んだみたいでクラッチ自体のトラブルでは無かったようです。いいベアリング使わないと・・・w。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。