AREA51~DairyTalk Ver5.25~
未確認情報を捕捉せよ! 『メーデーメーデー!こちらミヤコ州AREA51』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆モード!
お墓参りに親戚周り、そしてオリンピックという感じで休みといえど忙しいお盆です。

今日はナオキャップがBBQやろうってしつこく誘うのでカーンや他のラジメイトと昼間っから飲んでました(笑)。

さて、タミグラで調子の良かったバギーの話でも・・・。

正直調子がいいって程の出来では無かったのですがジャンプでコケなかったのでタイムが出てたのかな~と思います。

クルマはダンパーオイルはいつ入れたかわかんないし(笑)、番手も・・・?

ピニオンはタミヤ製が無くて焦って前日なんとか探しあてた標準のピニオン23Tかな・・・w。

加速は悪かったです。21枚くらいがいいかも。

スリッパーは付いてるけどタミヤパッドなので全締め。

フロントはワンウェイ。リアは一応デフグリス注油。ワンウェイなのでリアデフだけは滑ってもらっちゃ困るので全開で締めて1/2戻しくらい。本当はタングステンがオススメかと。

番長号もワンウェイ仕様でした。

実際はフル4の方が走らせ易いと思います。

ただ、ラインの自由度は断然ワンウェイです。今回ラップ処理で他車と絡まなかったのもココが大きいと思います。コーナー進入でリアのブレーキ量で曲げ具合を調整し相手のインにスッと入りコンパクトにコーナーを終えて直線的に加速する。これが多分うまくいったのかな。

ちょっと難しいんですが、これは多分2WDバギーやらないと身につきません。

加重移動とブレーキターンをマスターすれば4WDバギーでもワンウェイで速く走れるようになると思います。まずは、ブレーキの効きをおもいっきり弱くして練習してみてください。普通ツーリングカーでブレーキはあまり使わないヒトが多いと思いますので、ブレーキの効きが思いっきり強くなってる場合が多いと思います。単純にプロポのブレーキ側のストロークを100から40くらいまで下げてみて、そこからスタートすると良いかと。

感覚的にはブレーキとハンドルを同時に操作するのではなく、ハンドル切るちょっと前にブレーキをかけ始める感じですかね。加重移動が始まってからハンドル操作することでよりフロントに加重がかかりコンパクトなコーナリングが出来ると思います。


お次はジャンプ!

今年は各地のタミグラが同一レイアウトっぽいので多少は参考になるかな。

まず、ストレート終盤のジャンプ。

ココはTOPスピードが出てますので結構飛びます。ただ全開で飛ぶと1コーナーでとっちらかるので(笑)、若干スピードを落とします。

ただ、スピードをどこで落とすかってのがポイントでもあります。

クルマのセッティングにもよりますが、多分フツーのセットだとジャンプ形状からして前下がり気味になると思うのですが、ボクのもそうでした(笑)。良いセットが有るのかもしれませんが、今回は時間も無かったので走り方で合わせました。

前下がりなので踏み切りでスロットルを抜きつつ飛ぶと確実に前方回転が待ってます(笑)。

なので踏み切りから空中ではスロットルは全開で行くと4輪で着地できると思います。着地地点がフラットなので4輪で着地させないとスピードも出てますのでお釣りがきますのでw。

なので、スピードを押さえるのはジャンプの進入前の一瞬という事になります。

押さえすぎるとタイムも落ちますし、後続のイケイケジャンパーにオカマほられますのでw!

そして、最も大切なポイントが~~~~!


つづく・・・・(笑)。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。