AREA51~DairyTalk Ver5.25~
未確認情報を捕捉せよ! 『メーデーメーデー!こちらミヤコ州AREA51』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜かされ職人!
前にも言いましたが、今回の世界戦ではスゴイヒートに組み込まれました。まぁ、どの組にもワールドクラスの選手は散らばっているのですが、特に濃かったと見てた方々にも言われましたのでそうなのでしょう!

一般的に日本のレースなどでは予選の組み合わせはコントロールプラクティスなどの結果で速い人同士が同じに組に組みなおしされるのが定番です。だから、世界戦もそうなのだと思っていました。

そのほうがスピード差もなく、スムーズにレースが運営できるからとの判断からでしょう。

しかし、今回IFMARのとった方法は満遍なくTOPドライバーを振り分けるという方式でした。なぜ、そのような方法をとったのか私も理解しきれずにおったのですが、どうやら速いドライバーだけを集めてしまうと下位のヒートは、いわばその他大勢による消化試合みたいになってしまうし、世界中からあつまったドライバー達にも是非そうのようなTOPドライバー達と一緒に走るチャンスというか楽しんでもらいたいとのIFMARの方針に基づいて決められたとの事でした。

世界一を決めるコンペティティブなレースにおいても参加者を大切にするIFMARという団体(参加者の総意により運営される)にワタシは改めて敬意を表したいと思いました。

まぁ、お陰で抜かされるのも上手になりましたけどね(笑)。とにかくTOPを狙える選手がヒートにたくさん居ましたので、彼らの走りに水を差さないよう十分に気をつけて走りました。

DSC_0250hjlkg.jpg


あれ・・?ジェレミ~~おまえ~~!

人が真剣に走っとるっちゅ~~のに!

DSC_0250vhj,ffly.jpg


耳でっかくなっちゃってる場合じゃね~~だろ~~(笑)!

コレも正しい世界戦の楽しみ方です!

それにしてもジェレミ~~は予選中はパッとしないミドリのかっこ悪い単色ボディーで走ったり、1日中1パックで追い充で走ったり、トラビスの充電器勝手に使ったり、決勝はトラビスのボディーにマジックで自分の名前だけとりあえず書いて使ったりと・・・・スバラシイ!

コレで速いのだから笑うしかないって感じですね(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。